千葉市若葉区の小児科耳鼻咽喉科を同時受診できるクリニック

医療法人社団ひよこ会
ぬまざわ小児科・耳鼻咽喉科クリニック
043-237-7705
予約専用URL http://www.2377705.com/i/ 
モノレール千城台北駅徒歩2分、武井寿司前

 TOPページ
 院長紹介&ブログ
 予約システムについてのお知らせ
 アクセスマップ&駐車場利用方法
 診療・設備の特長
 院内紹介・診療の流れ
 スタッフコーナー
 診療案内
 舌下免疫療法とは
 スギ花粉症の舌下免疫療法
    ①スギ花粉症のアレルギー性鼻炎
    ②免疫療法をすれば花粉症は治るの?
    ③舌下免疫療法と薬物療法(対症療法)との違い
    ④従来の注射による皮下免疫療法と舌下免疫療法の違い
    ⑤舌下免疫療法のこれまでの治療効果は?
    ⑥舌下免疫療法は、始めたらすぐ効くのか
    ⑦舌下免疫療法は一生行う必要があるのか
    ⑧治療前に効果があるかわかるの?
    ⑨治療の方法
    ⑩いつから始められるの?
    ⑪通院頻度は?
    ⑫どこの病院でも処方できるの?
    ⑬治療の副作用は?
    ⑭舌下免疫療法を行うと他の薬は飲めないの?
    ⑮スギ花粉以外の花粉症の治療薬はないの?
    ⑯ダニ(ハウスダスト・ホコリ)の鼻アレルギーには効くの?併用はできる?
    ⑰ハウスダストアレルギーや他の花粉症があってもできるの?
    ⑱適応と適応外は?
    ⑲適応の年齢(子供・高齢者には?)
    ⑳治療費用は?
    ㉑当院で舌下免疫療法を希望される方へ
 ダニの舌下免疫療法


注射による皮下免疫療法と舌下免疫療法の違い

2014年以前に日本で認可されている方法は注射による皮下免疫療法のみでした。スギ花粉を含んだ注射液を低い濃度から徐々に濃度を上げながら注射します。急に濃度を上げると危ないからです。毎週1回の注射を4~6ヵ月程度続けると最大の濃度となります。最大濃度に達したら、次に注射の間隔をあけていき、1ヶ月に1回の注射になります。1ヶ月に1回の注射を3年以上継続していきます。このように計画的に行わないと効果も少なく、安全でありません。根気よく通っていただく必要があります。また、特殊な治療法ですので、行える施設も限られており、どの地域でも行えるものではありません。

注射による方法では、注射による痛みがあることと通院が大変なことが問題でした。そこで、同じ事を注射以外でできないか?と考えられ、様々な方法が検討され、多くの研究の結果として、舌下法が最も簡易にかつ安全に行える方法という結果に至りました。


スギ花粉症は海外にない日本に特有の病気ですので、海外での結果を参考にできません。そこで、スギ花粉症にも舌下免疫療法が行なえないかと考えられました。10年以上かけて研究成果が出てきたことにより、スギ花粉症の舌下免疫療法を行なえそうだとわかりましたので、注射による免疫療法を行なっている製薬会社が臨床試験を行ない、2014年に保険適応になりました。

舌下法と注射法でどちらが効くのかというと、舌下法の有効性については海外でも報告されていますが、注射法の治療成績より勝るという報告はありません。同等に効いたという報告はあります。一般に注射の方が飲む薬より良く効くことが多いのと同じかもしれません。ただし、内服薬にもよく効く薬があるように、舌下法が花粉症に効果的ならば、申し分ありません。ある施設で行った調査によると、スギ花粉症に行った舌下免疫療法の効果は、注射と同等の効果で、通常の薬物療法である抗アレルギー剤の内服と点鼻薬の治療より効果的とのことです。

そして、注射でないから痛くない、自宅でできるというメリットがあります。また、注射の方法より重篤な副反応が少なく安全と報告されています。